フルーリル


by aroma-fleurir
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:食( 3 )

身体が喜ぶ食事たち

朝、晩が少しずつ涼しくなってきて、やっと秋の気配を感じられるようになって来ました。

ビッグベビーとの初めての夏、おまけに授乳中の私の身体は、
代謝がかなり良くなっていて、いつにも増してかなり汗をかくようになっているらしく、
今年の夏は本当に暑かったです。
でも、どんなに暑くても食欲は全く減らなかったのですが、
妊娠前の約1.5倍くらいは毎食平気で食べていても、全く太らず、むしろ妊娠前より体重が減っている状態です。  ホント、母乳さまさまです。

もう今週で5ヶ月に入る息子。
世間では離乳食開始時期と言われていますが、
私はゆっくり6ヶ月から始める予定。

なんでも厚生労働省の指針が約10年ぶりに改定され、
「生後6カ月までは母乳だけで必要栄養量を満たす」とする世界保健機関(WHO)の報告を受け、離乳食開始時期が変更になったらしいので。
後は、一年のうちで一番食中毒が多い季節が実は9月らしく、
まだまだ暑いし、その危険を避ける為。

美味しい母乳の為に、今も食事には気をつけています。
育児と、きちんとしたバランスの良い食生活の両立は、
時には難しい事もありますが、私にはつよーい味方があって、
全く無理なくバランスの良い食生活を続けることができています。

まずは、実家の母の手作りの、旬のお野菜ふんだんのおかず。
ちぎりたての旬の野菜達の美味しい事と言ったら♪
また、母がお料理上手なので、本当にありがたくむしゃむしゃ頂いております。

そして、近くの助産庵で毎日売られている、雑穀、玄米、オーガニックのお野菜をたっぷり使った手作りのお弁当。お昼はここのお弁当によく助けられています。

後は、これもすぐ近くの本当にお気に入りのカフェ、フラワーさんのランチ。
マクロビに近いメニューですが、オーナーさんが堅苦しいのは好きではないのっ、とおっしゃるように、本当にお肉使ってないの?と疑うくらい、美味しくお洒落なランチは、
オットも私も、きっと息子も大好きな味で、週末はここに良く出没しています。

ママがストレスを感じてると、子供は敏感に感じる物。
幸い、いろんな面で助けられて、本当にありがたい環境で育児ができているので、
相変わらずストレスとは無縁の毎日を送っています。

母乳に良い食生活って、結局のところ自分や周りの人にも良い食生活なんですよね~。
自分から出て行く母乳のみで、もう1人の人間がどんどん大きくなっていく様は、
改めてすごい事だなぁと思います。

今月から仕事復帰に向けて、徐々に活動開始です。
こっちも無理なく、楽しく進めていきたいと思ってまぁす。
[PR]
by aroma-fleurir | 2007-09-04 14:03 |

お袋の味

先日新婚家庭にお邪魔し、手料理のランチと心地よい空間を堪能してきました。
クレイドルの戦友と訪れた、これまた戦友の新婚K邸。
お昼ごはんをご馳走してくれるとの事だったので、とても楽しみに出かけましたが、
新婚生活を始めてわずか2ヶ月足らずで、あんな美味しい手料理でのおもてなしとは・・・
感心するやら、尊敬するやら、美味しいやら、なんだかいろんな気持ちが入り混じっていましたが、とにかくびっくり!でした。

セラピストとしての彼女の細やかで、気配り一杯の働き方から、
家庭に入ってもきちんとするんだろうなぁって言うのはなんとなく想像できましたが、
夜遅くまでセラピストとしての激務をこなし、家事をする暇はなかったはず。
なのに、なのに・・・すごいんです。
全てのお野菜はきちんと使いきれるようにメニューを工夫したり、料理もしっかり昆布でおだしを取ってあったり、毎朝早く起きてのダンナさまのお弁当作りなどなど、予想以上でした。
新居もとても気持ちよく、工夫されてしつらえてあって、本当に新生活を始めて2ヶ月足らず??と思わず疑ってしまいたくなるほど。
そこに居た数時間で、結婚生活数年のうちに、どっかに置き忘れてきてしまった物をいろいろ思い返させられました。
家に帰ってから、おもむろに部屋の掃除をし始め、いつもなら捨ててしまう可能性大の、
冷蔵庫の余り野菜で料理を作り始めた、影響を受けやすい私です。

彼女のお母さんがとてもお料理の上手な方で、
旬の物、地元で取れる物を使った心のこもった毎日の料理”お袋の味”は、
確実にKさんの中にしっかり引き継がれているなぁって、本当に感じさせられる手料理でした。

私達の一生のうちで、何回、どれだけの物を口に入れるか分かりませんが、
誰がどんな気持ちを込めて作った物を口にしたか、どんな環境で食事をしたかって、
それを食べる人に、ものすごく大きな影響を与えるんだなぁって改めて思います。

私も、私なりの”お袋の味”を伝えられたらなぁって思います。
今度はよだれだらだら~のベビとお邪魔しますねっ。よろしくぅ。


*****************************************************
彼女のアロマストーリー 2件追加しました。
1件は、以前ストーリを書いて下さった卒業生堀さんの、サロン&スクールのサイトのご紹介です。四日市でされてみえるので、お近くの方はぜひ!
[PR]
by aroma-fleurir | 2007-02-22 17:05 |

5感をフルに使って。

先週はお料理教室に行ったり、オットと食事に行ったり、おいしい物を頂く機会が多い、
いつにも増して幸せ週間でした。

雰囲気のあるお店で、自分ではなかなか作れないような物を頂くひと時も楽しいものですが、やはり私は自分でお料理を作って、それを頂く方が好きかなぁと感じています。

味見したり、”ぐつぐつ”、”じゅーっ”と料理が出来ていく時の音を聞いたり、器に綺麗に盛り付けたり、味覚、聴覚、視覚、触覚、嗅覚、5感をぜーんぶフル動因させて取り組む料理の時間は、頭からいろんな思考が消えていって、5感がすごく研ぎ澄まされてくる感覚があります。

いろんな感覚がバランス良く保たれている女性に憧れますが、私の尊敬する女性はそろいもそろってお料理上手の人が多いような気がしています。

先週行ったお料理教室bon repasで習った”たらとじゃがいもの紙包み焼き” 早速今夜の夕飯に登場してまぁす。

他にも、鮮魚と冬野菜のサラダ仕立て、豚ヒレ肉のロースト マスタードソースを習ったのですが、どれもこれも絶品♪で、顔がほころびっぱなしでした。
いつもご一緒して下さるFさんをはじめとする皆さんとの時間もとても心地良く、本当にリフレッシュできるひと時でした。

f0059477_21363314.jpgf0059477_21364615.jpg






どんなに忙しくっても、なるべく料理を作ろうとしているのは、一日頑張って働いて、すこーしくにゃっとなった自分の感覚を取り戻そうとしているのかも・・・。
理想は冷蔵庫にある物を使って、ささっと創作メニューが出来てしまうようになる事!なのですが、まだまだその道は遠そうです。
[PR]
by aroma-fleurir | 2006-02-21 21:46 |